宮崎県 高原町に日本では滅多にない
滞在型アーユルヴェーダを受けられる
素晴らしい施設ができます!
クラウドファンディングの応援をお願いします

https://faavo.jp/miyazaki/project/2546

いつも講座でお話しして頂いたり、アーユルヴェーダを教わったりと
大変お世話になっている私のアーユルヴェーダの先生
西都市のアーユルケアはうすモークシャの
幸田麻紀先生 (Maki Koda)
複合施設を立ち上げます!
滞在型アーユルヴェーダが受けられる
補完代替療法センター、
本場南インド料理の食べられるカフェ等
の入った交流センターです!

皆さんの健康の助けになる間違いなく素晴らしい施設です
是非ページを見てみてください☟

https://faavo.jp/miyazaki/project/2546

以下、幸田先生のお言葉です。(引用させて頂きました)
先生の想いが伝わってきます。こちらも是非読んでください☟

 

宮崎という土地と恩師幡井勉先生

モークシャ代表の幸田麻紀です。
長文ですが、想いをいっぱい込めました。読んでいただけると嬉しいです

クラウドファンディングに皆様からご支援のお声をいただき本当にありがたいです まだ目標金額に達成していないので、資金が集まるかどうか不安でいっぱいです是非ご支援、シェア拡散のご協力を引き続きよろしくお願いします

https://faavo.jp/miyazaki/project/2546

一応自己資金でヒト×コト交流センター内に予定していた「たかはる補完代替療法センター」だけは2/14付けで開設届けを提出してきましたまだまだエアコンや発汗サウナ用ベット、お風呂のボイラーなどは資金が足りず付いていないため不十分な施設ではありますが、指圧や鍼灸・アロマ・足裏・トークセンメニューは受けていただくことが可能になりました

本来なら設備が全部整った状態で開設した方が良いとは思いますが、2月という月が私にとって宮崎移住を決意した月でもあり、恩師幡井先生のお誕生日月でもあり命日でもあるので、「たかはる補完代替療法センター」だけはどうしても2月に開設をしたいという理由からでした

私は東京で18年前にアーユルヴェーダを学び、お医者さんがアーユルヴェーダを取り入れているハタイクリニックに長年従事していました。院長の幡井先生は当時は日本のアーユルヴェーダの第一人者と言われていて、日本アーユルヴェーダ学会の重鎮でした。幡井先生には私が20代からずっと南へ移住したいと思っている話をしたら、奄美や天草などのお知り合いを紹介してくださったりしてサポートしてくださっていました。

そんな幡井先生が92歳になる頃ご病気になり入院されました。クリニック先輩にお見舞まだ行ってない人は行って来た方がいいと言われ、お見舞に行けたのが2/9の夜。もう先生はお話する事が出来ず筆談でした。私が移住先が決まっていないのを心配そうにされていたので、正月休みに丁度宮崎に物件を見に行って良さそうな家もあり3月の移住体験ツアーにも申し込んだ後だったので、先生に宮崎に良さそうな家がありましたと報告しました。するとほっとしたように笑顔で筆談でお返事を一生懸命書いてくれました。それが最初の写真です。「接骨院とアーユルヴェーダ」と書いてくださっています。

アーユルヴェーダを一緒に学んでいたパートナーが接骨院の資格を、私がマッサージ師の資格を取り、医療従事者としてアーユルヴェーダを広めたいと考えていて、幡井先生も国家試験に合格した時に医療の足りていない地方へ行ってアーユルヴェーダを広めなさいと言ってくださいました。
幡井先生に宮崎へ行ってアーユルヴェーダを広めますと伝えた翌日2/10、幡井先生はお亡くなりになりました。それを先輩からの電話で聞いた時は涙が止まりませんでした。

でも、幡井先生は私が報告に行くまで待っていてくれたので、報告した以上は絶対に宮崎へ移住しアーユルヴェーダを広めていこうと決意を固め、先ず移住体験ツアーに参加した西都市に1年後に移住を計画しました。
幡井先生が晩年想い描いていた夢の一つに滞在型アーユルヴェーダ施設を日本につくることがありました。私も南へ移住したら滞在型でアーユルヴェーダを広めていきたいなと考えていたので、それがやっと実現しそうな施設を今回高原町から借りる事が出来たのです正に夢のようですこれで幡井先生の遺志を継ぐ事も出来るし、接骨院も含めた「たかはる補完代替療法センター」として、医療従事者としてアーユルヴェーダを広められる施設がやっと実現出来るところまで来ました

「たかはる補完代替療法センター」は接骨院・鍼灸・あん摩指圧マッサージの医療従事の資格者が担当する保険診療の部屋と、アーユルヴェーダ・アロマ・リフレクソロジー・タイトークセンなどの自由診療を受ける部屋の2つの施術室があります。6月以降には宿泊部屋も完成したら滞在していただいて施術を受けていただけるようになります。産後のケアなども可能です。
フリースペースに南インド料理カフェが入るので、滞在者には治療に合わせた食事も付ける事が出来ます。

また、すぐ目の前には神が降臨する霊峰高千穂峰がそびえ立ち、近隣に温泉施設もあります。霧島六権現と呼ばれる神社のうちの三社が高原町内にあり、霧島山からの湧き水や絶景の御池、冬には一晩中夜通しで舞う神楽もあります。ここは日本神話の高天原と見紛うかのような、神々しく素晴らしい自然の宝庫の土地です。

宮崎に移住して7年になりますが、全く見知らぬ土地に来てアーユルヴェーダも全く知られていない場所で広める事が出来るか心配しましたが、今はセミナーに行く場所も増え、施術を受けに来てくれる方も増えて、少しずつ少しずつ広まりを感じています。宮崎は神社の沢山ある日本神話の舞台の土地です。みんなのんびりで温かく、人の縁をとても大切にする方が多い土地です。私は転勤族だったので出身地や故郷がありません。でもこの宮崎という土地を故郷と呼びたいと強く思っています。縁あって宮崎へ移住して本当に良かった

そして、私の夢、恩師幡井先生の夢である「滞在型アーユルヴェーダ施設」をこの宮崎に是非共実現させたいと思っています。

私には言った事をやり遂げるという有言実行の精神&何もない所に開墾していく開拓精神はあるのですが、経営センスとか資金とかが足りないので、
このプロジェクトに共感いただける方は、どうか3/26までのクラウドファウンディングにご支援、ご協力をよろしくお願い致します